【TOP】アットナビ > アットナビ四日市駅前店のブログ記事一覧 > マッチVSライターどちらが先に生まれたのか

マッチVSライターどちらが先に生まれたのか

雑学にハマっているアットナビです。


マッチが生まれたのは1827年。イギリスの科学者ジョン・ウォーカーさんが開発されました。

ライターが開発されたのは1772年。平賀源内さんが開発。

他にも、日本で初めて西洋画を書き、日本で初めて物産展を開催されました。

「土用の丑の日にうなぎをたべよう」のキャッチコピーを考えだしたもの平賀源内さん。

まさに、日本のダヴィンチですね。

現在流通しているライター第一号は、1906年オーストラリアの科学者カール・ヴェルスバッハさんが開発。

まとめると、マッチ発明より50年以上昔に既にライターがあったことになります。

マッチを作る側は、どういう気持ちで作ってたんでしょうかー

では

≪ 前へ|業務拡大につき求人募集   記事一覧   冬の思い出|次へ ≫

 おすすめ物件


レジデンスときわ

レジデンスときわの画像

賃料
4.6万円
種別
マンション
住所
三重県四日市市城西町7-1
交通
中川原駅
徒歩12分

ヤマタケビル

ヤマタケビルの画像

賃料
5万円
種別
マンション
住所
三重県四日市市久保田2丁目
交通
近鉄四日市駅
徒歩21分

ティーダ

ティーダの画像

賃料
7.3万円
種別
マンション
住所
三重県四日市市西浜田町2-3
交通
近鉄四日市駅
徒歩10分

Trust One

Trust Oneの画像

賃料
6.9万円
種別
マンション
住所
三重県四日市市富田2丁目
交通
近鉄富田駅
徒歩10分

トップへ戻る